2012年09月16日

漂白剤は貯めた水にキャップで入れましょう

漂白剤は貯まった水にキャップで入れる.jpg
漂白剤は水を貯めてから
キャップでそっと入れる。
ボトルで注いだり、水道で
漂白剤を薄めるとはねて
服の色落ちができたり
します。
posted by 戸井田爽快 at 09:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | β

2012年03月21日

生姜は切り離さずに色々加工

生姜は切り離さずに色々加工.jpg
解説>
以前、生姜を色々に
切って、使う話をした。
でも、どこらへんを
使うかを言ってなかった。
1)飛び出てる部分
 →大きく切って煮物に
2)お尻の丸い部分
 →スライスしてサラダとかに
3)突起を含む部分
 →長目に切り千切り
4)本体の端の部分
 →縦横にみじん切り調味料
コツは、切り取らずに、こそげて
切断加工すると、無駄が少ない。
posted by 戸井田爽快 at 11:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | β

2012年02月16日

小分けの豆腐パックは器に垂直に容器を立てるとペロンと離れる

小分けの豆腐パックは器に垂直に立てるとペロンと離れる.jpg
解説>
豆腐の3段組パック
は小分けで便利ですな。
容器の上のビニール
を剥ぐところまでは、
問題ありません。
しかし、器に移すとき、
まっさかさまにしては
いけません。
容器を器に垂直に
立てましょう。
すると、容器の上部にスキマ
ができて、空気が進入します。
プルンと、器に豆腐がすべり
おちますヨ。
posted by 戸井田爽快 at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | β

2012年02月15日

納豆のビニールは容器に平行に引っ張る

納豆のビニールは容器に平行に引っ張る.jpg
解説>
ビニールをおもむろに
上に持ち上げると、
納豆の豆粒が数個
ビニールについてきて
しまいます。
ビニールは容器上面に
平行に引っ張り、
容器端に豆をひっかける
ように取り去りましょう。
posted by 戸井田爽快 at 12:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | β

2011年10月08日

茶やコーヒーのシミは、逆に全体を染めてしまう

茶やコーヒーのシミは、逆に染めてしまう.jpg
解説>
茶やコーヒーのシミ
が気になる時、
逆に全体を染めると
目立たないかも。
煮る方法だと、染めた
後、洗うこと。
媒染液(ミョウバンなど混合)を
使って、常温で染める方法も。
posted by 戸井田爽快 at 11:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | β

2011年10月03日

紙パックは意外と丈夫ガラス瓶は衝撃に弱い

紙パックは横OKガラス瓶は下敷きがいるな.jpg
解説>
牛乳パックは衝撃
に強いので、袋の底
に横置きしてもOK
ガラス瓶(ワインとか)
は下敷きにパック類
をかませば、横にしても
安心。倒れても安心。
posted by 戸井田爽快 at 11:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | β

2011年09月20日

煮物は強火で始め沸騰する手前で火を調整する

煮物は強火で始め沸騰する直前に火を調整する.jpg
解説>
煮物は最初から
弱い火だと、
時間がかかる。
強火で始めて
沸騰の手前で火を
調節する。
火の強さの他、
フタの有無、
点けたり消したり
の火の調整など
少しだけ腕が必要。
posted by 戸井田爽快 at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | β

2011年09月17日

電気タコ焼器はお好み焼の具材をヒントに

電気タコ焼器の具はお好み焼をヒントに.jpg
解説>
電気タコ焼き器は
安くて使える。
具材のヒントは
お好み焼から連想。
粉も売っているから
ラクチンな。
posted by 戸井田爽快 at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | β

2011年09月15日

小松菜などは葉の先側から順に切っていく

小松菜などは葉の先側から切っていく.jpg
解説>
小松菜などは、
葉の先側から
順に切っていく。
バラバラにならない。
部位ごとに分けて
調理できる。
根側を残すことができる。
posted by 戸井田爽快 at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | β

2011年09月10日

アンカケがうまくいかない人は、片栗粉を薄めに溶く

アンカケうまくいかない人は、片栗粉を薄めに溶く.jpg
解説>
あんかけが、ダマに
なったり、うまくいかない
場合、片栗粉を薄めに
溶き、ゆっくりと沸騰
させる。ゆるければ、
再度溶き片栗粉を
足し、熱する。
posted by 戸井田爽快 at 11:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | β

2011年09月05日

料理酒は塩を控えめに日本酒はアルコールを飛ばす

料理酒は塩分控えめ日本酒はアルコールを飛ばす.jpg
解説>
料理酒は塩分が付加
されているので、調味
の塩は控えめにする。
日本酒など使う場合は
しっかりと熱して、
アルコール分を飛ばす。
posted by 戸井田爽快 at 12:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | β

2011年08月31日

保存容器は同じものを一度に複数買う

保存容器は同じものを一度に複数.jpg
解説>
保存容器は一度に
同じものを複数買う
と重ねられるので便利。
だんだん、一つ二つと
破損するので、
一つだけ残ったりした
ものは、おすそわけ
などの用途にあげて
しまう。
posted by 戸井田爽快 at 11:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | β

2011年08月26日

天婦羅油の温度管理はタネの量で調整

天婦羅油の温度管理はタネの量で調整.jpg
解説>
天婦羅油の温度
を一定に保つには
1)タネは3分の2以上
  入れない
2)タネが3分の1以下
  なら追加
急に油の中を空に
すると温度が過剰に
上昇するので、ご注意。
posted by 戸井田爽快 at 11:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | β

2011年08月22日

茄子は焼いてからサット煮ると色が落ちにくい

茄子は焼いてからサット煮ると色が落ちにくい.jpg
解説>
茄子は水で色が
落ちやすい。
一度焼いてから、
サット煮ると、
色が落ちにくい。
煮上がったら、
水気を切って保存。
posted by 戸井田爽快 at 11:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | β

2011年08月20日

山葵はネタに載せて食べるとツーンとして美味しい

山葵をネタにのせて食べるとツーンと美味しい.jpg
解説>
鮨や刺身のネタに
山葵を直接チョコット
のせて食べると
ツーンとして美味しい。
posted by 戸井田爽快 at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | β

2011年08月19日

焼き魚は皮を下にして7割ひっくり返して3割焼く

魚網焼きは皮を下にして7割焼きひっくり返して3割焼き.jpg
解説>
魚の網焼きは、
1)網を良く焼き
2)皮を下にして7割:表面の身
  が白くなる
3)ひっくり返して3割:身の汁が
  落ちて焦げる匂いが立つ
で皿に移し熱いうちに喰う。
posted by 戸井田爽快 at 11:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | β

2011年08月17日

包丁の長さと置く位置

包丁の長さと置く位置.jpg
解説>
包丁の長さは、
俎板の奥行きより
短いもの。
包丁を仮置きするなら
俎板の奥に刃を人の
向こう側にむけて、
平行に置く。
怪我しにくい。
posted by 戸井田爽快 at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | β

2011年08月15日

フライパン中華なべは水洗いしてよく焼き油をぬる

フライパン中華なべは水洗いでよく焼き油塗り.jpg
解説>
フライパンや中華鍋
は表面に黒い膜を
作ると、焦げ付きにくく
なる。
洗剤を使わないで
水洗いでクズなどを
落とし、強火で良く焼き
煙が出て表面がスムーズ
になったら、火を止める。
油しきなどで、うすくまんべんなく
油を塗る。
posted by 戸井田爽快 at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | β

2011年08月11日

醤油と味噌は別々に使う

醤油と味噌は別々に使う.jpg
解説>
醤油と味噌を混ぜて
使うと、お互いの
風味がわかり辛く
なる。醤油、味噌
塩は別々の調味として
使い、それぞれ、
酢、砂糖、唐辛子など
隠し味と共に使いましょう。
posted by 戸井田爽快 at 11:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | β

2011年08月09日

後入れの調味料はカップのフタ押さえにする

後入れの調味料はカップの蓋おさえにする.jpg
解説>
カップ麺で、
「直前に入れる」
などの調味料は
熱湯を入れた後の
フタ押えにする。
posted by 戸井田爽快 at 11:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | β
Creative Commons License
かけこみごはん亭 by 外崎剛 is licensed under a Creative Commons 表示-改変禁止 2.1 日本 License.
Permissions beyond the scope of this license may be available at http://kakekomigohanntei.seesaa.net/.